オリーブなんでも検索!オリーブ商品の比較や問い合わせ・注文もできるオリーブ総合情報サイト
ホーム オリーブナビとは 使い方マニュアル 特集コーナー メンバー登録 広告・宣伝のご依頼 サイトマップ お問い合わせ
Lastup date.2019.03.12 現在登録されている商品・情報 495件
検索  

キーワード

  • オリーブナビで出来ることは
    こちらのページから確認下さい!

もっと読む

オリーブナビパートナー募集中!オリーブのことを集めたサイト Olive nave でオリーブのことを発信してみませんか?情報を発信いただけるパートナーを募集しています。 詳しく読む

 
詳しく読む
  健康・美容にいいと言われるオリーブをもっと知って使ってもらうために、1つ1つ情報を厳選して登録しています  
 
 
 
商品と情報が同時検索できる
商品比較できる
複数件の情報をまとめて一括でお問い合わせ&注文の依頼ができる
オススメ商品や情報を発信できる(パートナーのみ)
詳しく読む
カテゴリーから探す Olive Q&A シェフのレシピ オリーブの産地を訪ねて    
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
NEW
オリーブミュージアム - 31
 
オリーブ園の成長と生産量を確かなものにする為に必要な造園作業は、肥料を与え、灌漑を行い、枝うちをすることである。オリーブの木に必要な基本的な化学肥料は、チッソ、カリウム、リン、カルシウムである。栽培と生産量に影響を及ぼす他の成分は、カルシウムの過剰で土壌に不足しがちな鉄分とホウ素である。土壌の栄養成分を確認する方法は、土壌検査、葉の診断と症状の観察である。
肥料を与えるべき時期は以下の要因で決まる。
・短期的に使用する成分要素
・オリ…
     
NEW
オリーブミュージアム - 30
 
オリーブの栽培
若木の植木は11月〜2月に行われる。根の塊りは傷が無く、地面の適切な大きさの穴に注意深く設置されなければいけない。植木の後は添木で支えられ、多量の水を少なくとも1年目は月に2回与えなければならない。その後、安定してからはこれ程の灌漑は必要ではない。植木の間隔は、枝うちによる木の形状や栽培で灌漑がなされるかなされないか、どの程度まで機械化されるかを考えて栽培者が決める。植木の前にはある程度の造園作業を行うことが必要である。それによりその後の耕作が容…
     
NEW
オリーブミュージアム - 29
 
オリーブの木の種類

木の種類は生化学的(isoenzymes, DNA)分類の他に葉、実、種子の特徴から形態学的に分類される。小さいあるいは中間的な大きさの品種は大部分は油向けに栽培され、大きな品種のものはほとんど全てテーブルオリーブ(そのまま食用として)として使用される。

野生のオリーブ(agrielia種)を除くとラコニア県でよく知られているオリーブはコロネイキ種(Koroneiki)、クッチョレリア種(Kout…
     
NEW
オリーブミュージアム - 28
 
分類と形態

栽培されるオリーブは euromediterranea の亜種の Olea European sativa L.種 Olea属 Oleaceae科に属する。多年性の常緑樹で高さは5~20メートルである。若木の幹は円柱形で滑らかだが、成長するに連れて栄養やホルモンが豊富に含まれる様々な大きさのコブにより節だらけになる。オリーブの葉は単純な形で、表側は濃い緑、裏側は銀色がかっていて枝先に対照方向に対になってできる。葉の茎は短く槍先の形で端…
     
NEW
オリーブミュージアム - 27
 
「オリーブの木とその品種。栽培と収穫について」

オリーブの木の生育地

全ての植物にいえることであるが、オリーブの生育地は、気候条件、肥沃度、土壌の種類、灌漑により決まる。30種類(そして数百の変種)が五大陸に広がり生育しているが、木の生育と実りに適した温帯と亜熱帯のベルト地帯が一般的な生息地である。これよりも高緯度では低温の為オリーブの木は十分に育たず、これよりも低緯度では冬に十分に低温にならない為に実が実らない。<…
     
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
イチオシ特集コーナー
イチオシ特集コーナー
みんなのコミュニケーションボード
メルマガ登録・変更
 
| ホーム | オリーブナビとは | 使い方マニュアル | 特集コーナー | メンバー登録 | 広告・宣伝のご依頼 | サイトマップ | お問い合わせ |
| 間違いを見つけた方はこちら | オリーブ情報調査依頼 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 法律に基づく表記 | リンクについて |
Copyright (C) Olive navi All Rights Reserved.
詳しく読む